審美治療


「歯と歯茎の間が、黒く見えてしまっているのが気になる」

「色が不自然で、すぐに差し歯とわかってしまうのを治したい」

患者さまから、このようなご相談をお受けすることがあります。

特に、前歯の治療をご希望される方にとって、一番気になるのはやはり「見た目」の部分ですよね。

保険治療でも白い歯を入れることは可能なのですが、使える材料に限りがあるため、形、色合い、周りの歯との調和を含め、天然の歯のような透明感のある仕上がりにすることはなかなか難しいのが現状。そんな中、最近ではセラミックによる治療をご希望される方が増えてきております。

当院では、ただ歯をキレイにするだけではなく、より永く、より快適な口腔内環境を維持するために、細部までこだわった治療を提供しております。


マイクロスコープを用いた精密審美治療

美しく長持ちする歯科治療を実現するためには、拡大視野での治療は必須です。

歯と補綴物との境目に隙間や段差がなく、ピッタリと合った補綴物を作成することで、一度治療した歯が再び虫歯や歯周病になる確率を格段に減らすことができるからです。

当院では審美治療の際にはマイクロスコープを使用し、美しさや適合性に徹底的にこだわった治療を行っております。

被せ物の精度を上げる、精密な型取り

自費治療というと、つめ物やかぶせ物の材料の違いと思われている方も多いのではないでしょうか?

もちろん材料の違いもあるのですが、当院の場合はより治療の精度を高めるために、自費治療においては型取りの際の工程や使う材料に関しても保険とは別のものを使用します。

歯肉圧排

歯肉圧排とは、歯と歯茎の間に細い糸を挿入し、一時的に歯と歯肉をわずかに離してから型取りを行うテクニックを言います。

セラミックなどのかぶせ物を作成する場合、歯と被せ物の継ぎ目は歯肉の中に入り込んでいますので、そのまま型どりしても歯肉の中まで型どり材が入って行かず、歯の形が正確に取れないため、ぴったりと合ったかぶせ物を作ることが出来ません。

そこで歯肉圧排を行い継ぎ目部分をはっきりとさせることで、歯の辺縁部までぴったりと合う型どりを行うことが出来るのです。

歯肉圧排を行うことで、治療時間は3倍以上、材料費は10倍以上かかるため、保険治療ではこの作業を省くことがほとんどです。

材料や時間に制限のない自費治療だからこそ、こだわることができる工程です。

シリコン印象

通常の保険治療では、寒天やアルジネートという比較的安価な印象材を使いますが、自費治療の場合、高価ですがより精度の高いシリコンを使って型どりを行います。

印象材の精度とは、いわゆる「歪み」がどれくらいあるかを数値で表したものですが、その数値で比較すると
シリコン:0.3% 寒天:1.5% アルジネート:2.8%
と、圧倒的にシリコンの方が精度が高い事が解るかと思います。

歪みが少ないという事は、当然、よりぴったりと合うかぶせ物を作ることが出来るという事。たった数パーセントと思われるかもしれませんが、ミクロン単位の細菌を相手にしている歯科治療において精密さはとても重要なポイントなのです。

歯肉のラインも美しく整える~BTAテクニック~

BTAテクニックとは、セラミック治療の際に同時に歯肉ラインも美しく整える審美歯科の治療テクニックです。

美しい笑顔を演出するには、一本の歯の色や形ではなく、他の歯や歯茎との調和はとても重要。せっかく歯をキレイにしても、歯茎のラインが不揃いだと歯並びが悪く見えたり整っていない印象を与えてしまうからです。

一般的に歯茎のラインを整えるには、歯肉を切ったり骨を削る手術を行うことで対応可能ですが、外科的な手術が必要になるため治療期間・治癒までの回復期間も長くかかってしまいます。

しかしBTAテクニックを用いることで、歯茎や骨への手術を行うことなく2回の来院で治療が処置が完了。さらに治療後も、歯茎が下がって見た目が悪くなるということが起きにくくなるというメリットもあります。

比較的新しい技術のため、現在BTAテクニックを施術できる医院は全国でも数えるほどしかありませんが、長期的な美しさを得るために有効なテクニックであると考え、当院ではいち早く治療に導入しております。

当院の審美治療メニュー

オールセラミック

患者さまからのご相談で特に多いのが「前歯の歯と歯茎のつなぎ目の部分に黒い隙間ができてしまったので治したい。」というもの。これは、「ブラックマージン」と呼ばれるもので、加齢などによって歯茎が下がり、かぶせ物の金属が露出してしまった場合などによく見られるものです。

虫歯や歯周病といった症状ではないものの、それが原因で思いっきり笑うことができなかったりと、精神衛生上、あまり良くはありません。

そのような場合は、オールセラミックによる治療がおすすめです。

オールセラミック治療は、金属を一切使用しないため、裏側の黒い金属色が見える事がありません。また、透き通った白さで自然な光を透過しますので、審美的にも非常に優れています。

もちろん、金属アレルギーの心配もありませんのでアレルギーをお持ちの方にもおススメの治療法です。

メタルセラミック(メタルボンド)

セラミックの歯に、強度を高めるために金属の裏打ちを付けたものです。表側は審美性に優れたセラミックを使用しておりますので、透明感のある自然な色合いに仕上げることが可能です。

また、金属を使用している分、丈夫で割れにくいという利点がありますが、加齢に伴い歯茎が下がってしまった場合などに、ブラックマージンが現れてしまうことがあります。

金属アレルギーをお持ちの患者さまの場合は適用できない場合がございます。

ハイブリッドセラミック

セラミック(陶材)とレジン(プラスチック)を混ぜ合わせた素材でつくられたものです。

透明感はオールセラミックよりやや劣りますが、レジンよりは見た目がよく丈夫であるという特徴があります。

現在は、歯の部位と状態によっては保険が適用できる場合もあります(CAD/CAM冠)。お気軽にご相談下さい。

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面を少し削ってそこに薄いセラミックのシェル(付けツメのようなもの)を貼り付ける治療法です。

セラミックスで覆うため、自然な白さが保たれます。

主に前歯に対して行い、ホワイトニングでは白くならない場合や歯と歯のすき間が空いている場合などに適しています。

ホワイトニング

ホワイトニングとは歯の漂泊のことで、家でゆっくり漂泊するホームホワイトニングと、歯科医院で行うオフィスホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニング

当院では、 “ルマクールシステム” を使用しております。

ルマクールシステムは、同時に12本のホワイトニングを可能としたホワイトニングシステムで、このシステムの導入により短時間かつ安全に 「白くきれいな歯」を手に入れることができるようになりました。

熱を出さない光を使用するため歯にも安全。通常は30~60分(1~3回)ほどの施術で歯を白くすることができます。

ホームホワイトニング

約3週~4週間かけてゆっくりご自分のペースで行う方法です。

歯形に合わせてマウスピースを作製しケースに入れてお渡しいたします。

自宅でマウスピースにジェルを入れて、約1時間程度装着してください。オフィスホワイトニング併用することで、さらに効果的に白くすることが可能です。

ウォーキングブリーチ

神経をとったことにより、変色した歯を効果的に白くする方法です。

歯の内部に薬剤を入れて、ホワイトニングをおこないます。