歯周病治療


今や成人の80%以上が罹患していると言われている歯周病ですが、一言で「歯周病」と言っても、その進行段階により症状も治療法も大きく異なります。

比較的初期の段階であれば身体への負担も経済的な負担も少なくてすみますが、症状が進んでしまうと大掛かりな治療が必要になることがほとんど。最悪の場合は抜歯をせざるを得ない状況になってしまいます。

歯周病は初期の段階では自覚症状が出にくいので発見が遅れがちです。少しでも気になることがあれば早めに対処するようにしましょう。

当院では、歯周病の進行段階や患者さまのご要望に合わせ、さまざまな治療手段をご用意しております。

痛みを感じさせない治療から薬で治す歯周病治療までさまざまな治療法がありますので、ご不安な事やご要望がございましたらお気軽にご相談下さい。

【担当衛生士制】患者さま一人ひとりに専属の衛生士が付いてケアをします。

当院では、一人の患者さまを専属の衛生士が担当する「担当衛生士制」を採用しております。

患者さまのお口の中の記録は院内でもしっかり管理しておりますが、たとえ写真や文章などで詳細に記録していたとしても、やはり同じ人が経過を追って担当していた方がお口の中のちょっとした変化にも気が付きやすいからです。

歯の磨き方・食事の傾向・生活のリズムや習慣などは、患者さま一人ひとり異なります。

担当の衛生士はそういった患者さまの背景も考慮しながら、効果的に治療やケアができるようにアドバイスや処置(PMTC)を行わせていただいております。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTCとは、医師や歯科衛生士が、専門器具を用いて歯面洗浄を行う事を言います。

歯の表面に付着したタバコのヤニ・紅茶コーヒーの色素などを取除き、歯面洗浄後、再石灰化を促進させるジェルを塗って歯質の強化をうながします。

PMTCで期待される効果

  • プラークの再付着を防ぎ、むし歯予防
  • 歯周病予防
  • 歯周疾患の治癒促進
  • 口臭改善

マイクロスコープ歯周治療

当院では、担当歯科衛生士による歯周ケアの他、ドクターによるマイクロスコープ歯周治療(ケア)も行っております。

通常は歯科衛生士が肉眼で行う作業を、ドクターがマイクロスコープを用いて行いますので、より精密に確実に汚れを取りきることが可能です。

マイクロスコープ歯周治療は原則自費治療とさせていただいておりますが、保険制度による治療の制限を受けずに治療を進めることができるため、短期間で治療を終えることができます。

保険制度における歯周病治療のルール

「歯周病治療はやたらと時間がかかる…」

「いつまでたっても治療が終わらない」

こんな不満をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

実際、保険内で歯周病治療を受けようとすると、比較的軽度の歯周病の場合であっても最低6回の通院が必要になるのです。 と言いますのも、実は日本の保険制度では歯周病治療に関して下記のようなルールを設けているからです。

「SRP(歯石やバイオフィルムの除去)は6ブロック(上右奥歯・上前歯・上左奥歯・下右奥歯・下前歯・下左奥歯)に分けて行うこと。」

SRPは歯周基本治療とも呼ばれる処置で、すべての進行段階で必要になってくる治療ですので、保険を利用する以上は通院の負担はどうしても避けられないのです。

「通院回数をなるべく減らしたい。」という方にとっては、このような保険の制約のとらわれない自費治療が有効な選択肢の一つと言えるでしょう。

具体的な費用や回数等は症状によって異なりますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います。

当院の歯周治療

ぺリソルブ

「歯石を取ってもらう時の痛みが苦手…」

このようなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

歯石を取る際の痛みに関しては術者の腕によるところもあるかと思いますが、それ以外の要素として「歯石が付着している場所」も大きく影響します。

例えば、歯肉の上に出ている歯石は比較的簡単に取ることができるため、施術の際も痛みを感じることはそれほどありませんが、歯肉の中にある歯石はとても硬く強く歯にこびりついているため、ゴリゴリと力を入れなければ除去しきれず、時間がかかる上に痛みを伴う場合も多くあるのです。

さらに、歯肉を傷つけてしまうことでその傷口から歯周病菌が血管へと入りこみ、毒素が全身を巡り動脈硬化や糖尿病などのリスクを高めてしまう事にもつながります。

そこで当院では、歯肉の中にこびりついてしまった歯石も痛みなく安全に除去ができるように、ぺリソルブを使用した処置も導入しております。

ぺリソルブとは?

ぺリソルブは、スウェーデンで開発された歯周治療用薬剤で、歯周病の原因である歯垢や歯石のみに作用しやわらかくすることのできる新しい薬剤です。

歯肉縁下の硬い歯石も30秒ほどで柔らかくすることができますので、今までは麻酔が必要であった歯石縁下の歯石とりも麻酔なしで痛みなく処置を進めることができます。

また、ぺリソルブは歯垢・歯石だけに作用するため歯肉を傷つけることもなく、細菌が血管内へ侵入してしまうリスクも最小限に抑えることも可能。抗生物質も使用しないので副作用もなく、全身疾患をお持ちの方やご年配の方でも安全に治療を行うことができます。

特徴
  1. 歯肉縁下の硬い歯石も柔らかくなるので痛みもなく短時間で処置を終えることができます。
  2. ぺリソルブの殺菌効果により歯周ポケット内の菌が殺菌されるため、感染リスクが軽減されます。
  3. 歯石や歯垢のみに作用するため、健康な組織を傷つずに処置を終えることができます。
  4. ペリソルブは試験を受けて安全性が確認されています。
  5. 刺激・副作用のある抗生物質を使用しないので、安心・安全に治療を行うことができます

レーザー(Er-YAG(エルビウムヤグ)レーザー)

現在歯科治療ではさまざまな種類のレーザーが活用されていますが、当院で使用しているEr-YAG(エルビウムヤグ)レーザーは他のレーザーと比べて組織深部への影響が少なく、痛みが少ないのが特徴です。

歯周病治療においては、レーザーの優れた殺菌効果により歯周ポケット内の歯周病菌を殺菌し、歯ぐきの腫れや炎症を抑える効果などが期待できます。

さらにEr-YAG(エルビウムヤグ)レーザーは水に対する吸収率が非常に高いため、歯石の除去も可能なことから、比較的症状が進んでしまい歯周ポケットの深くまで歯石がこびりついてしまった場合においても外科手術なしで処置を行うことが可能です。

レーザー光を当てるだけの処置ですので痛みもなく、副作用もありませんのでどなたでも安心してご利用いただけます。

歯周内科治療

歯周内科とは、歯周病菌に効果のある薬(抗生物質)を用いて歯周病を改善する治療法のことを言います。

従来、歯周病の治療と言えば歯磨き指導と歯石除去などのクリーニングが中心でしたが、このような治療法では歯周病菌を完全に除去することは出来ず、重度ともなれば、「毎日長時間の歯磨きが必要」「ずっと通院していて先が見えない」などといった、精神的にも時間的にも大きな負担がかかってくることが多々ありました。

しかし最近では、位相差顕微鏡を用いて歯周病の原因となっている歯周病の原因となる細菌の種類、数を特定し、それらに効果のあるお薬を服用していただきながら、従来の歯周病治療を受けていただく「歯周内科」という治療法が普及しつつあります。

歯周内科治療の流れ
    1. 位相差顕微鏡を用いて歯周病の原因となっている細菌の種類や数を確認
    2. 細菌を除去するための薬剤(抗生物質)の内服
    3. ご自宅で細菌除去効果の高い歯磨き粉(カビとり歯磨き剤)をもちいたブラッシング
    4. 歯科医院でのメンテナンス(歯石とり・クリーニング)

歯周外科治療(フラップ手術)

歯周病が中度以上に進行してしまった場合は、歯周ポケットが深すぎて、スケーリングやルートプレーニングでは歯周ポケットの奥にある歯石を除去することが困難になります。

そこで、歯茎を切り開き、直視下で歯根の奥深くにある歯石や汚れを取り出す外科治療(フラップ手術)を行います。

徹底的に汚れを取り除くことができるため、悪化してしまった症状を一度リセットするという意味ではとても有効な治療法ですが、患者さまの負担も大きく、また、状況によっては適用できない場合もありますので、歯科医師とよく相談しながら進める必要があります。

フラップ手術のメリット
  • 歯周ポケットの奥深くの歯石や細菌まで徹底的に取り除くことができる。
フラップ手術のデメリット
  • 手術後に歯茎が下がってしまい、知覚過敏を起こす可能性が生じる
  • 手術後のメンテナンスを怠ると、歯周病の進行スピードを加速させてしまう。
  • 手術後、麻酔が切れたときに痛みが生じることがある。

再生治療(エムドゲイン法)

エムドゲイン法とは歯周病で溶けてしまった骨や歯周組織を再生させる治療です。

エムドゲインはスウェーデンのビオラ社で開発された薬で、「エナメルマトリックスデリバティブ」という豚の歯胚組織からつくられたタンパク質の一種を主成分としています。

このタンパク質が、歯が生えてくる時と同じ環境を作りだしてくれますので、初めて歯が生えてきた時と同じような強固な組織を作り出すことが可能です。

世界の約40ヶ国以上で使用されている安全性の高い薬であり、日本でも2002年に厚生労働省の認可を受けておりますが、残念ながら保険の適用範囲にはなっておりません。

また、すべての症例に適応できるわけではございませんので歯科医師とよく相談して治療を進める必要があります。

エムドゲイン法のメリット
  • 歯周病で失われた骨や歯周組織を再生することができる
  • 副作用や感染症については世界40か国でも報告例がなく、安全な治療と言える。
エムドゲイン法のデメリット
  • すべての骨が再生できるわけではない。(再生できる骨は約50〜90%)
  • 喫煙している人の場合、治療を行っても骨や組織が再生しにくい
  • 治療後にメンテナンスをしなければ、また戻ってしまう
  • 保険が適用されず、自費扱いになる

再生医療(PRP)

PRP療法とは、患者さまご自身の血液を採血し、その血液から濃縮した血小板を採取して手術部位に填入することで組織再生を促す再生療法のことを言います。

自分の血液を利用するため安全性が高く、医科の分野においても広く活用されています。

歯周病治療においては、歯周病によって溶けてしまった骨の再生や歯肉移植を行った場合の創傷の治癒などに効果的ですが、PRP療法は現在のところ保険診療としては認められておらず、かつ、再生医療を行うには厚生労働省からの認可が必要であることから、対応できる医院はまだ少ないのが現状です。

しかしながら、再生医療を行うことでご自身の歯を残せる可能性が高まりますので、重度歯周病でお悩みの方は再生医療に対応している医院を基準として医院を選択されるとよいでしょう。

当院でも多くの実績がございますので、気になる方はお気軽にご相談下さい。