院内技工室


当院では、質の高い治療を行う為に院内に技工室を備えております。

かぶせ物の完成度をあげるには院内技工が必須。細やかなステップを医師と技工士がお互いに理解しながら作りあげていく事で精度をあげる事ができると考えています。

また当院では、技工物の作製にマイクロスコープ(実体顕微鏡)と半調節性咬合器を使用。かみ合わせにもこだわった精密な技工物の作製に尽力しています。技工室は待合室から見えるようガラス張りとなっておりますので、当院技工士の繊細な仕事を是非ご覧になってみてください。


精密な技工物の作製

マイクロスコープ(実体顕微鏡)や半調節性咬合器は、技工物を作るのに必要な道具の1つです。

最近は半調節性咬合器を使用されていない技工所も多く見られますが、当院ではよりよい噛み合わせを再現した技工物をつくるのに必要と考えています。

手間はかかりますが、良い噛み合わせを作ることで結果的に歯を長く持たせることできるようになります。

高性能 CAD / CAM を完備

CAD/CAM(コンピュータ支援設計/コンピュータ支援製造)マシンは、歯科医療に革命をもたらす先進技術の一つです。これは、コンピュータ技術を活用して歯科治療における技工物などの設計と製造プロセスを自動化する装置です。CAD/CAMマシンは、歯科医師や歯科技工士が、被せ物、クラウン、ブリッジ、インレー、オンレー、そしてインプラントなどの歯科補綴物をデザインし、それを製造するために使用されます。患者様の口腔内のデータを元に、コンピュータ上で設計された補綴物のモデルを作成し、そのデータをCAM部分に送信して加工を行います。

この技術の利点は、精密で高品質な補綴物の製造が可能であり、従来の手作業に比べて時間と労力を大幅に節約できることです。また、CAD/CAMマシンによって作成された補綴物は、患者様の口腔内に適合するように正確に作られるため、快適性と耐久性が向上します。 

連携のとれるホスタビリティのご提供

患者様、医師、衛生士、技工士の4者間で相談してかぶせ物を作っていきます。

技工士が直接患者さまとお話する事により、患者さまの細かい希望(形、色など)にそえるものにできあがります。

入れ歯の修理なら即日完了。スピーディーな対応が可能です。

当院では一部外注しているものもありますが、基本的にはあなたのお口に入るものは院内の技工士が作っております。

さらに入れ歯が壊れたときでも午前中に来院していただければ、午後修理が完了できます。

また、事故で歯を失ったときや歯が欠けてしまった時などにも対処して、仮の歯や仮の入れ歯(自費)であれば最速当日でセットする事も可能です。