根管治療


「根管治療で何度も歯医者に通っているのに治らない」

このような経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

根管治療は、歯科医院では日常的に行われているごく一般的な治療ではありますが、実は歯科の中でも最も難しい治療と言われている分野の一つ。その難しさから失敗も多く、再発を繰り返したり、歯の寿命を縮めてしまう結果になることも多々あるのです。

そして、その根管治療の難しさは、なんといっても歯の根の形状の複雑さにあると言っても過言ではありません。

根管治療を成功させるには、根管内の細菌をすべて取り除く必要があるのですが、このような複雑な根の中を、裸眼で、また30分足らずでキレイに掃除しきるのはほぼ不可能と言えるでしょう。

しっかりと時間をかけ、拡大視野のもとで精密に治療をすすめる必要があるのです。


ご存知ですか?根管治療の成功率

現在、日本の歯科医院での根管治療の成功率は約50%程度と言われております。これは、海外での治療の成功率90%という数字に比べ、かなり低い数字です。

なぜ、これほど低いのかといと、それは日本の保険制度に問題があるからと言えるでしょう。

現在、日本における根管治療の診療報酬(保険点数)は、欧米の価格に比べて約20分の1程度。当然、使える時間や道具に制限が出てしまいます。

例えば、根管治療の成功率を高めるには下記の3つのアイテム「マイクロスコープ」「ラバーダム」「CT」の使用は必須。欧米の歯内療法専門医ではマイクロスコープはすでに設置が義務化され、ラバーバムの使用率も90%を超えています。

しかし、日本ではマイクロスコープの導入率・ラバーダムの使用率ともに、わずか5%ほど。これらの道具を使用しても、またどれだけ丁寧に時間をかけて治療をしても、治療に使った道具やかけた時間に応じて点数が加算されることもないため、治療すればするほど赤字になってしまうのです。

このような問題するためには、最低限の治療しかできない保険診療という枠組みの中ではなく、自由診療として時間や道具の制限にとらわれずに根管治療を行うしか方法はありません。

自由診療というとどうしても「高い」というイメージが先行しがちですが、歯を守り再治療を防ぐことで、その後の治療にかかる費用や時間を削減することができるため、長期的な視野を持ってご判断いただければと思っております。

成功率を上げるための必須アイテム

マイクロスコープ

根管内のすべての細菌を完璧に取り除くためには、しっかりと目で確認しながら治療を行う必要があります。

しかしながら、細くて暗い根の中の状況を肉眼で確認することは非常に困難。どうしても見落としが出てしまいます。

当院では、最大21.3倍まで拡大できる歯科用マイクロスコープを使用し、しっかりと確認しながら根管のすみずみまでキレイに清掃しています。

マイクロスコープについて

ラバーダム

根管治療を成功させるのに最も重要なことは、細菌の感染を防ぐことです。

実は、唾液の中にはさまざまな細菌や目に見えない汚れが含まれており、根管治療中は常にその細菌が根管内に入っていくリスクにさらされているのが状態です。

そのリスクから歯を守るためには、ラバーダムと呼ばれる薄いゴムのシートをかぶせ、根管内に唾液が侵入しないように対策する必要があるのですが、日本では数%の歯科医院でしか使用されていないのが現状です。

ラバーダムの使用は、術者にとっても、患者さまにとっても、何かとストレスのかかる手技ではあるのですが、根管治療の成功のために必要不可欠なものと考え、ご協力いただいております。

CT

根管治療を行うにあたり、根の形や病巣の位置・広がりを把握することは非常に重要です。

CT画像では、従来のレントゲン画像ではわかりにくいこれらの情報も3次元的に把握することができるため、より確実に治療を行うことが可能となります。

また、レントゲンでは発見できないような小さな病変も発見することができるため、今までの検査ではわからなかった痛みの原因についても把握し、対処することが出来ます。

歯科用CTについて

歯根端切除術 ~根管治療が難しい場合~

歯根端切除術とは、歯茎の外側からメスを入れ、感染した根の先の部分を根こそぎ取り除く方法です。

根管の形が湾曲しているため根っこの先まで器具が届かず清掃できないような状態の場合や、嚢胞があまりにも大きいなど、根管治療が難しい場合に行う治療法です。

スイスのベルン大学の実験報告では、歯根端切除術の際にマイクロスコープを用いることで、治療の成功率が、約60%だったものが 約90%まで上昇したとの報告もあります。

しかしながら、歯根端切除術は外科手術であるため、手術前にはCT撮影をし、位置や状態を十分に確認したうえで行う必要があります。

また、外側からのアプローチとはいえ、骨の中の非常に見えにくい部分を治療するためマイクロスコープでしっかりと確認しながら治療を進めることが必要です。

破折した歯でも、諦めません。

抜歯しなくてはいけない原因として意外と多いのが、「歯根破折」という歯の根っこが割れてしまったことによる抜歯です。

8020推進財団による「永久歯の抜歯原因調査報告書」によれば、永久歯を失う原因として、歯周病(41.8%)や虫歯(32.4%)に次いで3番目に多いのが、破折(11.4%)による抜歯だそうです。

歯根破折になる歯のほとんどは抜髄済の歯であることから、何度も治療を繰り返した上での抜歯であるケースが多いのでしょう。

破折した歯を放置してしまうと、その隙間から細菌が入り込んで炎症を起こし周辺の骨を溶かしてしまう危険性があるため、今までの歯科治療では、歯根破折が起こってしまった場合は抜歯しか選択肢がない状態でした。

しかし今では、条件が合えば、歯根破折の場合でも歯を残すことができる治療技術が開発されています。

口腔内接着法

口腔内で直接、破折部分に接着剤を流し込み、修復処理をする治療法です。

患者さまの負担は最小限に抑えられますが、お口の中という、暗くて狭い環境下で行うため拡大視野での治療が必須です。

また、破折の状態が大きい場合はこの治療法では修復が出来ませんので、下記の「口腔外接着再植法」を試みることになります。

口腔外接着再植法

破折してしまった歯をいったん抜いて口の外に取り出し、破折してしまった部分をキレイに修復してから元の位置に再植する治療法です。

治療に時間はかかりますが、一度抜歯をして処置をするので炎症部分の除去なども確実に行うことができ、予後が安定しやすい治療法です。

対応している医院はあまり多くはありませんが、歯を残すための最終手段となる治療法といってもいいでしょう。

ただし、すべてのケースで適応できるわけではありませんので、まずはご相談いただければと思います。

深い虫歯でも、あらゆる手段でできる限り残します

虫歯が進行し、根っこの部分しか歯が残されていない状態になってしまうと、一般的には抜歯が必要と判断されます。

それは、歯のふちが歯茎の中に埋まってしまっている状態では適合性の良い被せ物が作れなかったり、また無理やり作ったとしてもすぐに根っこが割れてしまい、すぐに抜歯が必要になってしまうからです。

ですがそのような場合でも、「歯のふちを歯茎より上に持ってくる処置」を行うことが出来れば、歯を残せる可能性は十分にあります。

歯のふちを歯茎よりも上に持ってくる処置については、主に「歯冠長延長術(クラウンレングスニング)」という方法と、「矯正的挺出(エキストルージョン)」という方法がありますが、症例によってどちらの方法を選択すべきか、もしくは両方を併用すべきか、見解が異なりますので、まずは歯科医師にご相談ください。

歯冠長延長術(クラウンレングスニング)

歯の周りの骨を削って歯茎を下げることで、歯のふちを歯茎より上に出していく処置です。

歯茎が下がってしまうという問題点もありますので一般的には奥歯の治療で用いられることが多く、前歯で行う際は下記の矯正的挺出(エキストルージョン)と併用して行うことがほとんどです。

また、一般的にクラウンレングスニングを行った場合は根面カリエス(露出した歯の根っこの部分にできる虫歯)になりやすいと言われておりますが、適合の良いかぶせ物でしっかりと覆ってあげることでそのリスクも下げることができます。

とはいえ、まったくリスクがないわけではありませんので、定期的に歯科医院に通ってメンテナンスを受けるとともに、術後の経過観察をしてもらうようにしましょう。

矯正的挺出(エキストルージョン)

部分的な矯正で歯を引っ張りあげてることで、歯のふちを歯茎より上に出していく処置です。

歯茎を傷つける事がありませんので審美性を保つことができます。

歯を引き上げるための装置を一定期間口の中に装着しなければいけませんので、治療期間が長くなってしまうという問題もありますが、治療期間中は仮歯をいれて見た目に支障がないよう配慮いたしますので、普段通りの生活を送っていただけるかと思います。

ただし、治療後も引っ張り出した歯が戻らないように固定する期間が必要ですので、治療スケジュールについて担当の歯科医師としっかりと確認するようにしましょう。