極限まで痛みを抑える


痛みは、人それぞれで感じ方は違います。

治療前に信頼した先生から説明を受けて疑問や不安をとりのぞけること、そして自分が納得できたことで、痛みに対しての感じ方も変わってくるものです。

当院では、信頼関係を大切にして治療を行なうことをモットーとして、最新の技術や治療法を取り入れる事で、痛みを軽減をできるよう努力しております。


麻酔の工夫

歯科医院では歯を削ったり神経をとったりする治療も行いますが、そのような治療はたいてい麻酔が効いている状態で処置をしますので痛みを感じずに治療を進めることができます。

ですが、「歯医者は痛いから苦手」という方は、この麻酔の時の痛みが苦手、という方が多いのではないでしょうか?

当院では、麻酔をするときの痛みもなるべく小さく抑えることができるよう、さまざまな工夫をしております。

表面麻酔

当院では、麻酔針を指す前に、まずは歯茎に表面麻酔の薬をぬり、針を刺すときの痛さを軽減させる工夫をしております。

表面麻酔はゼリー状の塗り薬なのですので使用時には痛みはありません。

歯茎に薬を塗って2分ぐらいすると、歯茎がピリピリとした感じになり麻酔が効いてきますので、その状態で針を刺すと、ほとんど痛みを感じずに麻酔をすることが可能です。

極細針の使用

麻酔を打つ時の針も、細ければ細いほど、痛みを少なく抑えることができます。

当院では、現在歯科医療で使われている麻酔針の中でも最も細い針を使用していますので、上記の表面麻酔と併用することで、麻酔針を刺す時もほとんど痛みを感じずに打つことができます。

電動麻酔器の使用

麻酔液を歯茎に注入する際、急いで麻酔液を入れようとすると歯茎にかかる圧力が高くなり、痛みや違和感を覚える原因になってしまいます。

当院では、このような圧力による痛みや違和感を軽減するため、電動麻酔器を使って、麻酔をゆっくり一定の速さで、歯茎の中に注入していきます。

歯科用レーザー(Er-YAG(エルビウムヤグ)レーザー)

レーザーを照射した部分は、痛みに対する感覚が鈍くなりますので、麻酔注射なしでの治療も可能になります。

また、レーザーには殺菌効果もあり治癒促進、内細菌に対する消毒、鎮痛・消炎効果もありますので、術後の腫れや炎症を抑えることもできます。

Er-YAG(エルビウムヤグ)レーザーの特徴

  1. 機械的振動をおさえて知覚過敏を軽減する
  2. 縫合する必要がない
  3. 麻酔なしでの治療が可能
  4. 治療期間が短縮できる
  5. 口内炎や歯周病にも使用します
  6. 色素沈着の除去も可能

笑気麻酔

マスクを通じて鼻からガスを吸入し、肺から血中に溶け込むことにより数分で鎮静状態になります。

恐怖感や緊張感など精神的ストレスを軽減させて、穏やかでリラックスした状態で治療を受けられます。

全身麻酔ではないので治療中に医師と会話もできますし、治療後は酸素吸入でガス濃度を下げて、短時間で鎮静状態から回復します。

体に負担が少ないため、お年寄りの方やお子様にも有効です。

※鼻腔疾患・ぜんそくやアレルギーなど持っている方は、事前に相談してください。

静脈鎮静法

当院では、必要に応じて麻酔医の立会いのもと、静脈鎮静麻酔下での治療を行うことも可能です。

生体モニターや呼吸の状態を観察しながら点滴で少しずつ麻酔薬を入れていくことで、高いリラックス効果が得られます。

麻酔中はほぼ眠っている状態になりますので、術中の記憶は残りません。また笑気麻酔よりも効果が強いため、術後もしばらく安静にしていただく必要があります。

親知らずの抜歯やインプラント手術など侵襲の大きい処置を行う場合や、歯科恐怖症で何度も通院するのが苦痛なため集中して一度で治療を終わらせたいといった場合などに有効な麻酔法です。

精神面のケアもしっかりと

いくら最新の無痛処置を施しても、恐怖心や緊張感が過度に高まっている状態では、患者さまが感じる「痛み」を取り除くことはできないでしょう。

痛くないとわかっていても恐怖心がとれず、その恐怖心から痛みに敏感になってしまい、少し触っただけでも痛いと感じてしまう場合もあるからです。

当院では、そういった患者さまの不安や恐怖心を和らげるため、治療内容の説明やカウンセリングに力を入れております。

治療内容や進め方について、不安な部分や分からないことがありましたら、なんでもお気軽にスタッフまでご質問ください。当院の診療室は、患者さまのプライバシーを守るため完全個室となっておりますので安心してお話しいただけるかと思います。

→解りやすいカウンセリングへ